結婚式場を選ぶ前に押さえておきたいポイント

結婚式場選ぶに悩んでいる方へ!決め手となる条件やポイントをご紹介

様々な挙式スタイル

今時の結婚式の種類は実に様々で、その種類は細かく分けるとおよそ20種類ほどもあります。それだけの種類の中から結婚式場を選ぶことは、実際難しいものです。そこで多くの方々から選ばれている人気の挙式スタイルをこれからご紹介します。

人気の挙式スタイルをランキング!

no.1

一位:ホテルウェディング

名古屋をはじめ、日本において最も人気がある挙式スタイルが「ホテルウェディング」になります。ホテルウェディングでは、ホスピタリティの専門家が揃っているホテルでのサービスを受けることができるので、来賓されたゲストからの満足度も高いです。

no.2

二位:海外挙式

最近では、ハワイアンブライダルを選ぶカップルも多く、「海外挙式」が注目されています。海外挙式では、結婚式と新婚旅行をまとめることができるので、結婚式のコストを削減することも可能です。ロケーションを重視したいという方には海外挙式はおすすめです。

no.3

三位:レストランウェディング

料理重視したいカップルにおすすめできる挙式スタイルが、「レストランウェディング」になります。レストランウェディングでは文字通り、レストランを貸し切って挙式を挙げるため、美味しい料理を堪能しながら、結婚式を楽しみことができます。

no.4

四位:神社挙式

日本ならではの「和のテイスト」を用いた伝統ある挙式スタイルが「神社挙式」です。神社挙式は「和婚」とも言われており、日本の雰囲気や伝統を味わえる挙式になります。親族のみが参列した挙式にしたいというカップルにはおすすめです。

no.5

五位:ゲストハウスウェディング

専門式場として増えつつあるゲストハウスでの挙式、「ゲストハウスウェディング」はアットホームな結婚式を行なうことができるため、カップルの中でも評判がいいです。ゲストハウスは豪華な邸宅が多いため、挙式でセレブ気分を味わうことができるということが利点です。

結婚式場を選ぶ前に押さえておきたいポイント

お酒

まずはネットで調べる

名古屋で結婚式場を探すなら、まずはインターネットを利用して式場の情報をリサーチしておきましょう。インターネットなら各結婚式場の特徴や費用相場について、簡単に調べることができます。また、ホームページにはプランニングの実例なども掲載されていますので、理想的な結婚式を挙げるための参考になります。

予算から式場を選ぶ

結婚式場選びにおいて何より大切なポイントはコストパフォーマンスです。結婚式での理想だけ思い描いても、予算がオーバーしていると実現することは不可能です。そのため、ご自身とお相手が組んだ予算から結婚式場を選ぶことが正しいと言えます。今や式場や挙式スタイルも千差万別です。その中でも予算に合わせて妥協ができる条件の結婚式場を選ぶようにしましょう。

ブライダルフェアを活用する

結婚式場選びで悩んでいる場合、ブライダルフェアを活用するというのも一つの手段です。ブライダルフェアとは、各結婚式場が主催する結婚式体験イベントのことで、無料で参加することができるため、多くのカップルから人気です。フェアの内容にもよりますが、披露宴での料理の試食や擬似結婚式などの体験イベントが名古屋では非常に評判がいいです。

下見で完璧な情報を得ておく

結婚式場がある程度決まったら、下見を済ませておきましょう。やはり現地で実際に式場の雰囲気や施設の中を確認しておかないと理想通りの結婚式と相違がある可能性もあります。そのため、下見で完璧な情報を入手しておきましょう。下見で見ておくべきポイントは、会場の大きさや雰囲気、料理の味、接客の品質などになります。

結婚式が終わるまでの流れ

結婚式の準備

結婚式当日、式場に到着したら新郎新婦はそれぞれの準備に取り掛かります。新郎は準備する時間が短いので、プランナーやスタッフに挨拶して回ることが多いです。そして、準備が終われば、打ち合わせからリハーサルをした後、挙式がスタートします。

結婚式

教会式・神前式・人前式など、どの形式の挙式でも新郎新婦の入場、結婚の宣言、結婚指輪の交換などが一般的なプログラムになります。結婚式が初めてで落ち着かないかもしれませんが、晴れ舞台ですので打ち合わせ通り、落ち着いて挙式に臨みましょう。

アフターセレモニー

挙式が終わり、晴れて夫婦となったら、アフターセレモニーに入ります。アフターセレモニーではゲスト達から祝福を浴びながら、集合写真を撮影します。列席したゲスト全員が揃って写真撮影するので、思い出に残ること間違いありません。

披露宴の開幕

基本的に披露宴が始まる前には、二人と両親、仲人が会場の入り口に並んでゲストをお出迎えします。お出迎えが終わったら、披露宴がスタートされます。入場の後に司会から新郎新婦の紹介がされ、その後、乾杯、祝辞、ウェディングケーキ入刀といった流れで進んでいきます。そして、最終的に両親へ花束や記念品を贈呈し、新郎が謝辞を述べて披露宴がお開きとなります。

広告募集中